トップ / 心療内科を受診する原因

増える心療内科の受診者

若い人で心療内科を受診している人はたくさんいます。特にうつ病の患者さんは年々増える一方で、社会問題ともなっています。会社でのパワハラが原因であることも多く、精神疾患で労災が認められるケースが急増しています。その労災認定されたケースの内半数以上が30代以下であることも厚生省の調査で明らかになっています。なぜ、会社での精神疾患の労災認定が増えたのかは、不景気による人員削減で、過酷な労働が強いられていることが原因だと考える人も多いです。また、診療内科への受診の抵抗が減ったこともあるようです。

健康とおやつの関係の情報