トップ / ハナビラタケどんなキノコ

注目が集まるハナビラタケとは

ハナビラタケとはキノコの一種で、細かなちりめん状の不規則なしわが集まった花びらのような形状で色は黄白色です。肉は薄く、新鮮な時には弾力性がありますが、乾くと硬くなり、味や匂いに特徴がありません。全国ではありませんが日本に広く分布し、野生では立ち木や切り株の周囲に生えます。形状の似た紛らわしい毒キノコが存在しないため、安全性のたかいキノコです。ハナビラタケは毒性が無いので食用にも適し、軽く茹でてぬたや和え物、酢の物などに使うと、わかめの茎に似たシャキシャキした食感を楽しめます。

健康とおやつの関係の情報