トップ / 健康維持のためにお弁当

お弁当を持参して健康を保つ

お弁当を持参することで健康を保ち、食費を減らすことも可能です。外食の多くは味が濃くなっていますから、塩分過多になりがちです。栄養的にも偏ったものが多く、量が多すぎるという問題もあります。お弁当なら、味付けを薄くできますし、少量に抑えることもできるので、健康にはとても良いのです。ただし、外食のように味付けを濃くしてしまったら、あまり意味がなくなってしまいますし、外食以上に偏ったメニューにしたり、量を多くしたら、太りやすくなってしまうので注意が必要です。体に良いものを選択して、食べるようにすることが肝心です。

健康のためには手作りのお弁当

健康のためには、外食よりもお弁当の方がいいです。外食の場合は、揚げ物が中心となってしまい、さらに口当たりを重視して味が濃い目になっているため、カロリーや調味料が多く、体に良くありません。その反面、お弁当は、手作りで魚や野菜中心のバランスの良い食事をとることができ、健康に良い影響を与えます。新鮮さを保つために、ジャーの機能がついた弁当箱を使用するとより体に優しい食事をとることができます。ただし、食材には気を付けた方がよく、市販の冷凍食品を温めて入れるといったことはなるべく避け、旬の食材を薄めの味付けで入れることを心がけるといった工夫が必要です。

健康とおやつの関係の情報