トップ / 健康に一役買うお菓子

心と体の健康に役立つお菓子

お菓子は一般的に糖分を多く含み、しかもカロリーが高いと思われがちで、ダイエットの敵、あるいは成人病を引き起こすなど悪者扱いされがちです。しかし、主な材料である砂糖は脳細胞にとって唯一の栄養源です。砂糖は小腸で吸収されてブドウ糖と果糖に分解され、血液に入って全身の細胞に運ばれ、素早くエネルギー源となります。お菓子には多くの素材が使用され、健康に必要なビタミンやミネラルなどを摂取でき、食事だけでは不足しがちな栄養素を補ってくれます。忙しい時や疲れている時、甘いものを食べると気分転換やリラックスができます。心と体に優しい食べ物であり、食べる時間を考え、適量をわきまえていれば、肥満につながることはなく、健康を阻害することもありません。

健康的にお菓子を食べましょう

お菓子を食べるということは、どうしても健康に悪いのではないかと思いがちですが、食べるのに良い時間帯というものがあります。それは、食事から3時間以上たったあとが一番適している時間になります。食事と食事の間が空きすぎると、次の食事で糖質や脂肪を蓄積しようと必要以上に食べる量が増えてしまい、かえって健康を害する可能性が出てきます。また食事を長くとらないと、ブドウ糖が体中の細胞へと吸収されるため血糖値が下がってしまうので、ほどよくお菓子を食べることで、脳の働きを良くすることができるのです。しかし、夕食後(特に寝る3時間前)は消化も悪く脂肪を蓄積を促してしまうので食べるのは避けましょう。

健康とおやつの関係の情報