トップ / 歯肉炎は初期段階でケア

歯肉炎には早めのケアが賢明です

歯肉炎は、歯周病の初期段階に歯茎に炎症が起きている状態のことで、歯茎が腫れたり歯磨きをしている時に血が出たりします。この段階では、痛みの症状があまりないため気が付き難いという特徴があります。そのため、気に掛けずに放置してしまう人が多くいます。歯肉炎は、放置しておくと症状が進行してしまいますので、初期段階のうちにケアするのが賢明です。初期段階なら症状も軽いため、しっかりケアすれば症状が治まるからです。

歯肉炎に悩んでいる方、こちらの歯医者なら歯周内科で内側から治してくれるんです。これまでどれだけ歯磨きをしっかりしてもかかってしまっていた歯肉炎にさよならしましょう。

健康とおやつの関係の情報