トップ / 病気を治療して健康に

病気と健康について考える

コレステロール自体は体に必要な物質です。善玉と呼ばれるHDLと悪玉と呼ばれるLDLが良く知られていますが、LDLが多すぎると、血管壁に塊を作り、動脈硬化、つまり病気の引き金となります。そこで、健康のためには、HDLが低すぎず、LDLが高すぎる状態、いわゆる脂質異常症にならないように注意しなくてはなりません。高い方は下げるための治療が必要です。そのためには、食事から摂る脂質の量をコントロールしたり、適度な運動をすることは病気から守る体作りに効果的です。

人生の中での病気と健康

医療の充実によって、私たちは定年後でも第二の人生といえるほどの時間を過ごすことができるようになりました。しかし、長く生きられるようになっても病気がちで健康でなかったら、人生も半減してしまいます。せっかく仕事から解放され、自分の時間が持てたにもかかわらず、病気患い寝たきりなんてのは避けたいものです。そのため、毎日の生活の中で身体に気をつけた暮らしをしていくことが大切になってきます。たとえば、食生活。肉中心の食事ではなく、魚や野菜中心の食事を心がけたり、毎日の適度な運動も健康維持には大切です。

パーキンソン病に勝つための治療を具体的に紹介しています。
通常の治療と民間の治療を合わせることで、かなり症状が緩和されるようです。

健康とおやつの関係の情報